乾燥肌についてまとめてみました

「乾燥肌とは何か説明してください。」

「肌の潤いが逃げて、カサカサして、粉が吹いたりするこじゃないの?」

 

しっかりと細かく説明することができる人はそう多くはないと思います。

 

今回は乾燥肌とは何か、説明していきたいと思います。

f:id:zattaburogu:20170806161004j:plain

 

30%以下の水分量で乾燥肌となる

健康な肌では、角質層に約30%の水分が含まれていて、蒸発しないようにするために、保湿成分が肌には備わっています。

 

しかし、なんらかの原因で、この水分量を下回ると「乾燥肌」と言われる状態となります。この状態になると、さらに水分が蒸発しやすくなり、保湿成分を作る力もどんどん低下していきます。(専門用語では「皮脂欠乏症」呼ばれています)

 

つまり乾燥肌とは…??

つまり「乾燥肌」とは保湿成分の生成をしっかりと行えなくなって乾燥した肌のことを意味しています。



よくある認識の間違い

油分が少ない肌のことを、乾燥肌と呼ぶ例があります。CMとか雑誌とかでもたまに見かけますが、これは間違いです。水分量が少ないことを乾燥肌と呼びます。



保湿成分の重要な成分「セラミド

先に角質層に含まれる水分が30%とお伝えしましたが、この30%の内訳でもっとも多い成分が「セラミド」です。

 

それ以外の成分としては、遊離脂肪酸や天然保湿因子、皮脂膜等で構成されていて、これらの成分が、私たちの肌のうるおいを保ってくれているんです。

 

保湿成分を失うよくある要因3つ

  1. 脱脂力の強い洗剤を使って肌を洗う。
  2. 熱いお湯で肌を洗う。
  3. 湿度の低い部屋に長時間いる。

 

紫外線の記事の時にもお伝えしましたが、肌は外部の環境に大きく影響を受けやすいので日頃から気をつける必要があります。

 

とくに、洗顔の際のアツイお湯は、皮脂だけではなく、角質細胞にある脂質も洗い流してしまうので、体温と同じ温度のお湯で洗ってあげる必要があります。